・・・イタグレ iny とのきままな日々・・・
プロフィール

iny

Author:iny
iny(アイニー)
・・・イタリアングレーハウンド 2009.1.16生まれの女の子

最新記事
最新コメント
カテゴリ
welcome !!

検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日DVDで古典的アニメの「101匹わんちゃん」を見ました。
英語タイトルは「One Hundred and One Dalmatians」です。

渡英前に実写版を見て舞台がロンドンだということに気がつき、もう一度
ゆっくり見てみようと思い立ったのです。
(その時の記事→ http://maseiny.blog62.fc2.com/blog-entry-86.html

今回ちょっとうれしかったのがこのアニメはRegents Park界隈が舞台だと発見したこと。
inyをよく散歩に連れて行くところです。

子犬たちが誘拐されてしまって各地の犬へ助けを求めるためのの連絡手段として
「Twilight Barks」をするところはPrimrose Hillですし、主人公の人間の飼い主のカップルが
出会うのは散歩コースであるRegents Parkです。

また、映画の中で「飼い主と犬は似ている」ということを言っている場面があるのですが
画家の飼い主とその飼い犬が池のほとりでたたずんで絵を描いているのはきっとこの橋だな
と思える場所がRegents ParkのBaker St.に近い入り口付近にあります。
アニメなので描写が超正確というわけではありませんが、でもなんだか楽しい☆

映画の中であの有名な悪役は名前を「クルエラ・デ・ビル」といいます。
ダルメシアンの子犬の毛皮を使ってゴージャスな毛皮のコートを作ろうとたくらんでいる
怖いおばさんです。
名前が「Cluel Devil」=「残虐な悪魔」からきていることは疑いようもなく
ディズニーのアニメだけにわかりやすいなぁ~。

映画を見て改めて思ったのが、これは犬が大好きな人が作ったんだろうなということ。
アニメだけど犬の仕草が本当にうまく表現されています。
子犬がTVにかじりつく場面とか、冷たい小川を横切る際に躊躇するところとか・・・

子供向けとはいえ 見方を変えるととっても楽しめる映画でした。


2011 August 011

inyは毛皮がないから安心だね(笑)



2011Mar09 001ワンクリック☆うれしいワン
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
<< Stowe(スタウ) // ホーム // ロンドンで見つけたラブリーなもの~サメが来た! >>
101匹わんちゃんの設定ってきちんとしているんですね!
アニメの中で描かれている場所が本当にあるなんて素敵。
ロンドンの人達は知っているのかな??^▽^
101匹わんちゃん可愛いですよね。
ついつい何回も見てしまいます。^^
それにしても、私ずっとクルエラの事をクロエラだと思ってました…。^^;
[2011/11/18 Fri] URL // chie #bOfgvym2 [ 編集 ]
>chieさま

アニメの中とはいえ、知っているところが出てくると
うれしくなりますね☆ 実は今日も近所のパブがロケに使われた
というDVDを借りて見ようとしているところです。

101匹わんちゃんの仕草は本当に犬そのもので作り手達の
犬への愛情を感じます♪ 
犬好きからすると「アッパレ」と言いたい(笑)
[2011/11/19 Sat] URL // iny #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://maseiny.blog62.fc2.com/tb.php/271-9aac2885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。