・・・イタグレ iny とのきままな日々・・・
プロフィール

iny

Author:iny
iny(アイニー)
・・・イタリアングレーハウンド 2009.1.16生まれの女の子

最新記事
最新コメント
カテゴリ
welcome !!

検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イギリスに来たばかりの頃。
「イギリス料理」を習うつもりはさらさらないけど、でもスコーンくらいは
作れるようになりたいなぁ・・・と思ってました。
イギリスといえば紅茶、そして紅茶のお供にはスコーンでしょ!という単純な
イメージからでしたが。
でもあまりに代表的なお菓子なのでちょっと気構えてもいたのです。

知り合ったばかりの英語のクラスの友達におずおずと
私  「・・・スコーン作ったことある?」
友達 「あるよ(もちろん!)」
私  「すごいねぇぇ。(やっぱりロンドンに来たからにはこれくらい作れないとダメかしら?)」
友達 「いや。超簡単だから! なんといってもいい加減なイギリス人が作れるくらいだし!!」
私  「・・・・・・・・・・・・・」

とってもさばさばしたお友達だったけど、内心「そりゃ暴言じゃぁ」と思ってた私。
でもかれこれ渡英して1年半経ちますが「いい加減なイギリス人」はあながち間違いでは
ないと悟り始め(笑)

それはともかくとして、今年の4月のバンクホリデーにコーンウォール地方へ行っておいしい
クロッテドクリームをお土産に買ってきた時、ようやくスコーンを作ろうという気になったのでした。

しかしスコーン作りって本当にほんとうに簡単なんです。
基本的に小麦粉とベイキングパウダー、砂糖、バターを手でまとめてミルクを少しずつ
足しながら生地を作り焼くだけ。
道具もほぼ必要なし。ボウル一つでOKです。
型を抜くのにはじめはセルクルを使っていましたが別になんでも構いません。
私は小ぶりな方が好みなので最後は好みの大きさのコップの口で型抜きしたりして。

2012EasterHoliday 153

上手に焼けた証はこのぱっくりと真ん中に入った’オオカミの口’
丁寧にこねすぎるとよくありません。「ちゃっちゃか適当に」がミソ。

イチゴも適当に砂糖を加えて煮詰めてジャムにします。最後にちろっとレモン汁を加えて。
スコーンを焼いている間に同時進行で出来ますよ。
自家用だし保存目的でないので好みの甘さにできるのがいいところ。

2012EasterHoliday 154

焼き立てはなんといってもおいしい☆ 手作りの醍醐味ですね。
至福のお一人様アフタヌーンティーでした。(inyの視線が熱かった・・・)

*************************

いろいろなレシピがあると思いますがご参考までに。
<材料>小麦粉200g ベーキングパウダー小さじ2 砂糖30g 塩ひとつまみ バター50g
ミルク150ml
<作り方>
粉・砂糖類にバターを手でちぎってぽろぽろとこすりあわせるように混ぜる
ミルクを少しずつ加えていって生地にする
丸く型を抜く~余ったミルクは表面に塗ってつや出しに
200℃で12~15分焼く(オーブンは予熱しておきます)

アフタヌーンティーには必ず出てくるスコーンですがごくごく素朴なお菓子です。
レシピ通りきっちり作るというよりは目で見て「適当に」というのがいいみたい。
う~ん。やっぱりイギリスっぽいなぁ(笑)


2011Mar09 001ワンクリック☆うれしいワン
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
<< ジャストフィット // ホーム // クリケットの聖地 Lord's >>

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。