・・・イタグレ iny とのきままな日々・・・
プロフィール

iny

Author:iny
iny(アイニー)
・・・イタリアングレーハウンド 2009.1.16生まれの女の子

最新記事
最新コメント
カテゴリ
welcome !!

検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界の3大料理と言えば「フレンチ・中華・トルコ」の料理。
先の2つには文句ないけど、正直どうしてトルコ料理がランクイン??と
ずっと疑問に思ってました。

でも今回の旅行で納得!!
見た目は素朴だけどどれもヘルシーで美味しいんです。何より日本人の味覚に合う!
そんなわけで旅行中いろいろ食べたトルコ料理のご紹介です。


そのおいしさに「お坊さんもひっくり返った」という名前の料理。
トルコ料理はナスが多用されてますがとろけるようなまろやかな食感です。

201210Turky 305

これもおいしかったなぁ。確か「皇帝のお気に入り」という名前。

201210Turky 306

誰でも気に入るって!というお味(笑)。 
にんにくのたっぷり入ったナスのピューレが絶品でした。
どちらもシルケジ駅付近の「ET・IS」という煮込み料理屋さんで。
速水もこみちも来たらしい。店頭に写真が飾ってあってお店のお兄ちゃんが一緒に写って
いたんだけど「あなたの方がハンサムよ♪」と言ってあげたら照れちゃってかわいかったです。
というか本気でイケメンのお兄ちゃんでした。
トルコ人イケメン率高し☆

ブルーモスク近くのキョフテ専門店はメインのメニューが二つしかないシブイお店でした。
セリム・ウスタというお店で地元の人に人気の有名店。しかも安いです。

201210Turky 005

キョフテとはハンバーグのような挽肉料理。トウガラシの酢漬けとよく合います。

201210Turky 004


カッパドキア名物だというTasty pot。

201210Turky 176

今や各地で食べられるらしいけどカッパドキアは陶芸がさかんだからかな?
これ、ツボのフタがついた状態で出てきますが食べる直前に真ん中を「バンっ」と割って
フタを外してサーブしてくれます。なのでアツアツ ♪

そういえばカッパドキアでは工房も訪れたんでした。ろくろは足で回すというスタイルで
体験もさせてもらえました。昔ちょびっと習っていたので久しぶりで楽しかったです。

201210Turky 078


話がそれましたが忘れてならないのがイスタンブール名物 サバサンド

201210Turky 051

ガラタ橋のたもとに屋台が並んでます。すごい活気。
地上の屋台と船の屋台があるんだけど船の方は作り手が船の中、お客さんは地上で
間に売り子が入って商品とお金のやりとりをしてます。
ちなみにここで売ってるのはサバサンドのみ。お店の周りに設置してあるテーブルで
食べてるとドリンクの売り子やウェットティッシュの売り子(!)がやってきますよ。

201210Turky 047

それにしても作っている人は揺れ大丈夫なのかしら?

201210Turky 049

豪快に食します。豪快に作ってあるので(笑)。骨があるけどでもオイシイ☆
5リラ(約250円)でした。

ダンナと意外とツボにはまったこれ。サバサンド屋台周辺で売っていました。

201210Turky 054

味は・・・まさに漬物。赤カブのジュース(甘くない)に入っている野菜が程良い酸味で
夏バテに効きそう。サバサンドと一緒に食べると油っぽさがさっぱりしていいかも。

時間があれば是非新市街のメイハーネ(居酒屋)へ!
小皿のおつまみを頼んでRakiというトルコのお酒をちびちびやるのがこちら流です。

201210Turky 337

アルコール度が高いので気をつけて!
水を注ぐと透明なお酒が瞬時に白濁します。独特な風味あり。

201210Turky 335

盛りつけはシンプル極まりないけどどれも美味。
特に右端のムール貝のライス詰めはおススメです。

ムール貝といえば新市街の魚市場のそばではこんなムール貝の串揚げも食べました。
左のは前述の赤カブジュース。辛すっぱいという不思議な味です。

201210Turky 352

このお皿状の浅い鍋で揚げるんです

201210Turky 353

この時期はザクロのジュース屋台があちこちに出現。
惜しげもなく数個のザクロを使って搾りたてのジュースを作ってくれます。

201210Turky 319

ビタミンたっぷりのいかにも体に良さそうな味でした。
2~3リラ(150円くらい)だったかな。


トルコはイスラム圏なのでアルコールを置いていないお店は多いです。
上にあげたキョフテ屋さんも煮込み屋さんも串揚げ屋さんもお酒はなし。
観光客相手のお店は置いてあったりするけど概してこういうお店は全体の値段設定が強気かな・・・
お酒といえばびっくりしたのがカッパドキアでワインが作られているということ。
しかもなかなかどっしりした赤で美味しかったです。おススメ☆

ツアーに含まれているランチビュッフェですら(笑)どれも美味しく感じられたトルコ料理。
もちろん当たりはずれはあるだろうけど総じて味のレベルは高いと思います。
(ロンドンでうちらの味のハードルが下がったわけではない・・・たぶん。)

世界3大料理といってもOK!

・・・このニュアンスわかるかしらん?

ダンナと話してたのがフレンチ・中華で上位2位を占めていて(これには異論はないと思う)
残る3つ目のポジションがただ確立してなかっただけなんでは?という推論。
つまりここにイタリアンが来てもスパニッシュが来ても良かったのではということ。
もちろん我らが誇るジャパニーズ・和食が来てもいいわけです。

ただ歴史的に力の強かったトルコが3大料理のひとつに踊り出たんでは?という疑惑というか
勝手な想像なんですけど。
あとはプレゼンがちょっと弱いのかな。
今回の旅行中に関していえばどれもただ盛り付けただけのお料理で、「見た目にも美しく」
ということにはそんなにこだわっていなかったような。
良くいえば素朴。
・・・でもいいんです。美味しければそれだけで(笑)

トルコはチャイ(紅茶)がなければ一日が始まりません。
こちらの人は一日に何杯も飲むそうです。
小さめのチューリップ型のグラスに入れて砂糖を入れて飲むのが一般的みたい。

201210Turky 108

中央のは「朝からワイン」ではありませんよ~
ザクロジュースです。

ブルーモスク近くのスイーツ屋さんの店頭で

201210Turky 002

スイーツは小ぶりなものがほとんどだけどシロップがしっかりしみていたりして結構な甘さ。
これがまたチャイに合うのです。ターキッシュディライツも有名ですよね。
普段あまり甘いものは食べない方ですが、珍しさも手伝ってついついパクっと。

この旅行中、健康的に歩き回ってお酒も控えめに(笑)その分美味しくよく食べたので
帰ってきたら2キロちょっと増えておりました・・・><


<つづく・・・次がようやく最後!>



にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
<< トルコ周遊⑥~トルコで出会ったわんにゃんズ // ホーム // トルコ周遊④~エフェス >>

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。