・・・イタグレ iny とのきままな日々・・・
プロフィール

iny

Author:iny
iny(アイニー)
・・・イタリアングレーハウンド 2009.1.16生まれの女の子

最新記事
最新コメント
カテゴリ
welcome !!

検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンセバスティアンに行ったのは12月中旬でしたが気温は大体15度くらい。
寒いロンドンから来ると本当に穏やかで過ごしやすい気候でした。しかも快晴!
でもこの地方は天気が変わりやすいようですね。晴れ女の面目躍如といったところ。

201212SanSebastian 030

どうせバルが活気づくのは夜9時過ぎだろうと踏んでいたので今回はスタンステッド15時頃発の便。
Bilbao(ビルバオ)空港に19時頃到着しました。そこからサンセバには直行バスがあるんですが
行ってしまったばかりということもあってビルバオ市内のバスターミナル経由で行くことに。
こちらの方が乗り換えはしますが若干運賃が安いです。
知らない街をバスの窓からのぞくのは私の好きな観光手段のひとつ。ビルバオは整然とした
きれいな街でした。続くサンセバへの道でも思ったのが「街がきれい」ということ。
なんといってもゴミが落ちていない!もちろん清掃が入っているんでしょうけどロンドンは
同じ状況でも「掃除する人がいるから」とかえって道に物を捨てるおかしなことになってます。。。

泊ったホテルはサンセバのバスターミナルに隣接するSilken Amera Plaza Hotel。
http://www.tripadvisor.co.uk/Hotel_Review-g187457-d228569-Reviews-Silken_Amara_Plaza_Hotel-San_Sebastian_Donostia_Guipuzcoa_Province_Basque_Country.html
ここおススメです!きれいだしお手頃価格。
別にサービスでボトルワインがついてきたから言ってるわけではナイですよ~(笑)
バルの集中する旧市街へバスで10分ちょっと、歩いても25分程度とアクセス◎です。

さてサンセバティアンはスペインだからもしかして治安が悪いかも・・・なんてイメージが全く
払拭されます。きっと比較的裕福なエリアなんでしょうね。街の空気からそれが感じられました。
こちらの地方出身の方が「スペイン人」と言われて「私はバスク出身なの!」と誇りをもって
言い返していたことがあったけどなんだかわかる気も。
人もゆとりがあるからなのか概して親切。バル巡りをしている時に「どこ探してるの?」と
近寄ってきたおじさんがいて少し警戒してしまったけど本当に親切心からでした。
美味しいものを食べて食が満たされると人間優しくなれるのよね~とは私の持論。

旧市街の夜の顔と昼の顔

201212SanSebastian 011 201212SanSebastian 052

酒場街なのでさぞかし翌日はヒドイ状態なのでは?という予想に反してとってもきれいに
掃除されてました。
10時半くらいにいったけど石鹸水で道を洗い流していてお酒臭さはまったく残っておらず。
治安も良くてちゃんと警官もパトロールしているし夜でも比較的安全でした。

海が近いので川沿いを歩いていくと段々波が荒くなってきます。
河口ではこんな「波しぶきスポット」も。 夏に来たい!

2012<br />12SanSebastian 038

街を一望しようと丘の上を目指します

201212SanSebastian 040

美術館?なんだか穴だらけの壁でロッククライミングが出来そうと思っていたら

201212SanSebastian 041

ご親切に禁止のマークが(笑) みな考えることは一緒ってことね。

丘の上からはこんな景色
なんか旅行に行くと大体こういう高い所に登っているなぁ・・・

201212SanSebastian 048



海が近いだけに魚屋さんのお魚の種類もいろいろ

201212SanSebastian 060

201212SanSebastian 054

こんな何気ない食材店でもとびきり美味しいんだろうな。
グルメなだけでなく想像以上に美しい街ですっかりお気に入りです。

201212SanSebastian 049



最後に。
始めて利用したVuelingという格安航空会社。フライトの予約をした後に
パスポート情報を入力する必要があるんですが選択肢のところにどう探しても
「JAPAN」がない!
というかEUの国しか選べないようになっていて(ヒドイ!)仕方なしに電話しました。
スペイン語なまりの英語と日本語なまりの英語のコミュニケーション。おまけに電話。
重要な情報だから最後にダブルチェックをするもかな~り不安。
だってこういう登録情報の後からの変更って手数料とられますからね。
オンラインチェックインも出来なかったし、なんて不親切な会社だと
怒っていたんですが・・・

オンラインチェックインが出来なかったのでカウンターに早めに行ったところ
ここのお姉さんが日本語ぺらぺらのとてもにこやかな方。
同僚のスタッフも会話に加わり「このコの日本語すごいでしょ~」と、後ろに人がいないのを
いいことに思いがけず会話に花が咲き、そのフレンドリーさに一気にイメージアップ
されたのでした。私って単純(笑)

というか本当にこちらの方って親切です。
バスの運転手さんも言葉は通じないけど降りる場所をわざわざ教えてくれたり。
バルでは私がピンチョを食べ始めようとしたら身振りで「暖めてあげるから待ってろ」と
止めてくれたり。
ビルバオ空港でもバス乗り場を探していたら「どうしたの?」と通りがかりの女性が案内して
くれさらに「この人同じ方向に行くらしいわよ」とまた別の青年にバトンタッチしてくれたっけ。
直行バスと市内経由とどちらが早いかまた悩んでいると彼がさっさとバスに乗り込み
運転手さんにスペイン語?で聞いて教えてくれたのでした。
・・・・・なんていうんでしょう。サービス業の紋切り型のトレーニングされた親切とかでなく
純粋に人があたたかい。

201212SanSebastian 039

食事が美味しくって胃が満たされ。街もきれい、人も親切で心も満たされ。
一泊2日という短さでしたがとても心地よいうれしい旅行となったのでした。
バスクばんざい☆





ワンクリック 2009+summer+006_convert_20091006123809.jpg うれしいワン


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
<< LIBERTYのボタンでプチリメイク // ホーム // 旨し美しバスク地方①~サンセバスティアンではしご酒 >>

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。