・・・イタグレ iny とのきままな日々・・・
プロフィール

iny

Author:iny
iny(アイニー)
・・・イタリアングレーハウンド 2009.1.16生まれの女の子

最新記事
最新コメント
カテゴリ
welcome !!

検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、出かけた先から家に帰る途中のBakerloo線でのひとコマ。

電車に乗り込むと私の左2つ先の席にリュックが「どん」と置いてありました。
それもリュックだけ
リュックそばにはさらに席を2つ空けて若い男性が一人。向かいの席に2人ほどの乗客。
「あれあれ?このリュックは誰のものかしらん?」と思っている間にも私のあとからは
どんどん乗客が入ってきて席が埋まっていきます

一人の男性が席に座りそこねたのでそのリュックの場所でリュックを指して
「これはあなたのですか?」と隣の人に問うも、その人も乗ってきたばかりなので「No」と
答えます。
するとその男性はリュックをひょいと足元に移動して自分が座りました。
(それもスゴイよね。素姓のよくわからない荷物なのに。)

あれ、やっぱり持ち主いないんだ・・・
こんな大きいリュックだから忘れるってこと考えにくいよね・・・
もしやこれってヤバイ状況??
と私の中では不安が持ちあがり始め数年前の地下鉄テロ事件のことが頭をよぎりました。

「どうしよ。どうしよ。。。」と考え始めて次の駅に停まり、さらに次に向かっている時。

先ほどのリュックの2つ先に座っていた若者が
「あ。その足元のリュック僕のだからちょっと取ってくれる?」
とリュックをどかした男性に言うではないですか。

ええええええ~! 今さら?

このタイミングで言う??



というかいくらその時乗客が少なかったからとはいえ自分の荷物をそんなに離れたところに
しかも客席に置くなよー!!

そもそも人が乗ってきた時点で荷物をちゃんと自分で確保しろよー!!
迷惑でしょーがっ!混んでいるんだから!
「これ誰の?」っていう会話が聞こえなかったんかい!

そのリュックを足元に置いていたお兄ちゃんも何事もなかったように
「はい。これ。」みたいに渡しちゃっててさ。

と、まあこれでリュックは無事に持ち主の下に戻ったわけですが次の駅で電車がなかなか
発車しないんです。
「はて?」と思っていると駅員が「Unatenden Bag・・・」とトランシーバーでどこかと話しつつ
乗り込んできました。恐らく不審に思った乗客の一人が駅員に報告したんでしょうね。
でもその時点ではすでにリュックは持ち主のところでもとあった場所にはないわけで
駅員は不思議な顔ですぐに車外に出てしまいました。
報告した乗客もホームのところで不思議な顔をしていたので私は自分の席から遠くだけど
「あの若者のリュックが例のリュックだよ」と指でその男性にジェスチャーしたんですが
気がつかれず、やがて電車は「不審物発見されず」ということで動き始めました。

でもさ~。
私と同じタイミングで乗ってきた人がほとんどその車両を占めていたからみんな成り行きは
わかっていたと思うんです。
日本人のこの私が駅員の話している内容からあのリュックのことだとわかるくらいなんだから。

駅員が来た時に近くにいた人が事情を説明してあげればいいのに。
誰も何も言わず、本当に見事に知らんぷり。

まあ何事もなかったから良かったんですけども。
私も席をたって拙い英語で説明しようと努力しなかったからあまり他人のことを言えた義理では
ないのかもしれないけれど。

イギリス人は他人に干渉しない、とはよく言われるけどなんだかねぇ~と思った出来事なのでした。


ワンクリック 2009+summer+006_convert_20091006123809.jpg うれしいワン


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村


スポンサーサイト
<< Ice Skate@Hapmton Court Palace // ホーム // 2泊3日のコペンハーゲン >>

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。