・・・イタグレ iny とのきままな日々・・・
プロフィール

iny

Author:iny
iny(アイニー)
・・・イタリアングレーハウンド 2009.1.16生まれの女の子

最新記事
最新コメント
カテゴリ
welcome !!

検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すでに今のフラットに住んで2年が経ちますが、修理をお願いしていないところは
もうないんではないかと思うくらいよくあちらこちらが壊れます><
まあ良く言えばクラシックで趣のある建物、要は古いのです。ここ。

ちょっと列挙してみます。

・引越してすぐに洗濯機が動かなくなり、何度も修理を頼んだ結果新しいものに交換(イェイ!)
・電気ケトルからいきなり大きな音がして全体の電気が落ち、焦げ臭い匂いがしてきた
  → プラグ部分を交換&新しいケトルに交換(イェイ!)
・ブラウン管TV(今どき!)が信号受信不良でピーピー言い始めた
  → 時代的にもデジタルTVに交換(イェイイェイ!!)
・貯水タンクの部品が老朽化のため裂け、帰宅したらタンクが入っている小部屋に置いてある
 靴が水浸し(泣)
  → 階下まで影響があったらしいが私たちの落ち度ではないので部品交換して終了。
    水で良かった・・・と思うしかない。靴も乾かしてどうにか。イ、イェイ~
・キッチンのビルトインの食洗器の扉が取れた(しかも私の足の上に落下!)
  → 修理してもらったがなんだか取りつけが斜めで見た目にはよろしくない。
    でもこうした方がいいんだそう。(もともと設置に無理があったんじゃないか疑惑。)
・壁に設置してあるパネルヒーターが異常に熱くなり火傷の危機
  → 新しいものに交換(再び イェイ!)

あとは何があったかなぁ。
すでに倒産したという警備会社のセキュリティアラームがそのままでしかも誤作動がしょっちゅう
あったのでなくしてもらったり。(鳴ったって誰も来ないんだから意味ないじゃんね。)
まぁ、故障の時は大抵の場合 老朽化が原因なので新しいものが変わりにやってきて
借主としては結果オーライな気もするんですけどね。
故障ではないけどソファも相当ぼろぼろだったのでこの際新品に変えてもらえたし。(イェイ)


前置きが長くなりました。

今回はバスルームのシーリングゴムがやはり老朽化してきてこのまま放置しておくと水漏れの
原因になる、と管理会社の定期点検で指摘されたためプラマーが来ることになっていたのでした。

このフラットは日系の管理会社が間に入っているため何か不具合があると日本語で対応を
お願いできるのが利点。点検の際も日本人スタッフがやってきて問題の老朽化したシーリングゴム
の写真を撮り、「早いうちに交換しましょう。業者を手配します」ということに。

日時の調整で希望日を聞かれたので「金曜日の2時以降ならOK」と返事をしそれで了解となった
ので、当日友達との約束も早々に切り上げきっかり2時には自宅で待機。

しか~し。来ない><
こりゃ今回も来ないかな(過去になんども連絡なしに来なかったことあり 怒!)と諦めモードに
入り、夜の予定のために外出の支度を始めた頃ブザーが鳴りました。5時過ぎだったかな。
まぁ2時以降には違いない、と慌ててホットカーラーを外し若干サザエさんになりながらも
ドアを開けるとにこやかな青年が。
inyはまず吠えないし見知らぬ人がいても特に警戒心を出したりしないので・・・・というか
むしろ逆で愛想を振りまきに行って作業の邪魔をしてしまうので(笑)ベッドルームに入れて
いたのですが、彼、リビングのケージを見て興味がわいたようで
「君は犬を飼っているの?それともネコ?」と聞いてきたのでイヌだと答えると
「見た~い☆ 僕イヌ好きなんだ。」

・・・・・・・。
ベッドルームのドアを開け寝ていた(おいおい!人が来てるのよ?)inyを出してやるととても
うれしそうでした。彼が(笑)

「かわいいねぇ。珍しい犬種だよね。写真撮ってもいい?」とパシャ。
「僕もね イヌ飼ってるんだけど~(とiphoneの写真を探しながら)見てよコイツなんだ!」
となぜかほのぼのイヌ談義に。

で。しばらくして思い出したように
「そういえば例のバスルームはどこ? あ、ここ。これがそのゴムね。」とパシャ。


・・・え?
写真撮っただけ?

それはこの間管理会社の人もやったことで・・・
だから交換することに決まってキミがやってきたわけでは・・・??

「うん。やっぱり交換しないとダメだね。また連絡するよ。」
いやだから交換しないとダメなことはシロウトでもわかってたわけで・・・
てっきり作業するもんだと思ってバスルームのなかのシャンプーやらなんやらを移動して
準備して待ってたんですけど。

今までの経験でも思ったけどどうも無駄なステップが多すぎる気がします。
管理会社ともっとちゃんと連携していればすぐに作業が出来たハズ。
そもそも簡単な修理だと想定できる場合にはそれに対応する道具を持ってくれば
その日のうちに直せるでしょうに。

大体、私にとっては商売道具のひとつだと思うものを持ってこない人ばかり。
「奥さ~ん バケツある?」「雑巾ある?」「脚立ある?」「ホウキとチリトリは?」etc.
日本じゃ考えられないと思う。この間はメジャーを貸しました。

結局この日は3時間待ち、彼はバスルームとinyの写真を撮って帰って行きました。
バスルームのシールングゴムがめでたく交換される日はまだまだ先のようです。

これを友達に話したところやはりみなさんいろいろなご経験があるようで(笑)
反響が大きかったです。「アメリカに住んでいた時には自分で直しちゃった♪」という友人も
いたし、実際そう難しくないから補修材を買ってきて自分でやりたい気持ちもあるんですが
借家ということでインベントリーチェック(入退去時のチェック)で何か言われると
いやなので。。。

「コンドハ アノ オニーサン イツクルノ ??」

201212Denmark 008

気長に待つことにします。
というかお兄ちゃんお仕事してからinyの写真を撮ろうね。順番として、ね!



ワンクリック 2009+summer+006_convert_20091006123809.jpg うれしいワン


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

スポンサーサイト
<< 演技派iny // ホーム // ポルトガル旅行お食事編~郷愁感じるポルトガル料理 >>

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。