・・・イタグレ iny とのきままな日々・・・
プロフィール

iny

Author:iny
iny(アイニー)
・・・イタリアングレーハウンド 2009.1.16生まれの女の子

最新記事
最新コメント
カテゴリ
welcome !!

検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キューケンホフを後にしてアムステルダム市内に向かいます。
次に訪れたのはゴッホ美術館。
車道からも行列の人が見えて「も、もしや・・・これ??」とおののきましたが
本当に長蛇の列でした。国立美術館(Rijksmuseum)に至っては建物を延々とはみ出して
の列で早々にこの日に見るのは断念。

オランダパスというお得なパスを事前に買っていてこれを持っているとゴッホ美術館は
ファストトラックを利用出来るはずだったけれどそれでも30分ほど並びました。
当日券の人は一体どれくらい待たされたんでしょうね。

ちなみにこのオランダパス、人気のスポットに入れるチケットが付いて公共の乗り物も使えて
さらに割引も受けられるというもの。「チューリップ」のチケットと「風車」のチケットの
違いがちょっとわかりにくいシステムでしたがお得です。
http://www.hollandpass.com/

風車チケットで観光船に乗れましたが水上から見るアムステルダムはなかなか興味深く
バスなどよりもむしろいいかも。

201305Holland 085

なにしろ水路が網目のように張り巡らされているので船の方が小回りが効くのです。
ちなみに今回のホテルは中央駅からは近いものの水路を隔てた北部に取っていました。
バスでも行けなくはないですが船だとなんと無料。本当に輸送目的だけの船でしたが
地元の人の足となってました。まさに道の替わりをしているんですね。


アンネの家を船から見て

201305Holland 084

ここもすごい行列でした。
http://www.annefrank.org/
オンラインで事前に翌朝の8時40分のチケットを買っていきましたが開館と同時なので
じっくり見ることが出来ておススメです。
戦争の酷さと狂気、こんな隠れ家が存在しなければならなかったという事実に気が滅入り
ますが見なくては、知らなくてはいけない場所だと思います。

201305Holland 075

昼前には空港へ向かわなければ行けなくダメもとで行った国立美術館は行列はあるものの
昨日とは比べ物にならない短さでわりとすんなり入れました。10時すぎでしたがやはり
朝の方がおススメです。

驚いたのが(一部制限はありますが)ゴッホ美術館も国立美術館も写真撮影可だったこと。

201305Holland 079

201305Holland 097

名作を目の前にしてちょっと感激です。

旅の楽しみの一つは食べものなんですが、オランダに関しては特にこれと
いったものを食べてないなぁ。パンケーキは美味しかったです。あとチーズも。

201305Holland 022

とまぁ、こんな感じの駆け足のオランダ旅行ではありましたが十分楽しめました。
しかし最後の最後でとんだハプニングが!!!

201305Holland 042

私達のフライトは easy jet の13:55発。
空港でランチも済ませ,楽しかったね~♪ といざゲートへ向かうと係員から
「ここではない」と頭から水を浴びせるような一言。

な・・・・なんですと?

そうです。うちのマヌケなダンナ様が自信を持って「ゲートD28」だよ!と行ってたのは
British Airways の同時刻13:55発のフライトのもの。
実際はゲートH4という真逆の方向、しかもスキポール空港はとっても広いのです。

「人生初の乗り遅れになるかも」との思いが頭をちらっとよぎりますがダンナに文句を
言っている時間もなくひたすら空港をダッシュ ダッシュ ダッシュ!!!

いやぁ。あんなに真剣に走ったのはいつぶりだったかしら。
最終搭乗案内の時間は過ぎてしまったものの飛行機に乗り込む列の最後になんとか
間に合い無事にロンドンに戻ってこれたのでした。
家に帰ってダンナが私の足を揉む羽目になったのは当然の報いでしょう(笑)




ワンクリック 2009+summer+006_convert_20091006123809.jpg うれしいワン

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
<< inyフランス初上陸☆<イヌ連れ旅行準備編> // ホーム // 1泊2日のオランダ旅行①~オランダといったらチューリップ☆ >>

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。