・・・イタグレ iny とのきままな日々・・・
プロフィール

iny

Author:iny
iny(アイニー)
・・・イタリアングレーハウンド 2009.1.16生まれの女の子

最新記事
最新コメント
カテゴリ
welcome !!

検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年もPromsの季節がやってきました。

これはBBC主催のRoyal Albert Hallなどで毎年行われるイベント。
クラシックを広く楽しんでもらうために手軽な値段でチケットが手に入るという
とてもありがたいロンドンの夏の風物詩なのです。

これまで何回か行っていますが、気になっていたのが立ち見席であるアリーナ。
立ち見といいながら座ったり寝転んだりしている人もいてなんだか楽しそう??
ということで今回初めてアリーナのチケットを求めて当日並んでみました。

アリーナと一番上のギャラリー席(かなり上から見下ろすことになります)だけが
当日発売の枠でいずれも£5。 いよっ BBC 太っ腹!!
どちらも立ち見となっていますがギャラリー席の方は手すりがあるのでもたれかかれます。
アリーナにはほんの少しだけイスが脇にあるのですが健康な人は遠慮した方がよさそう。

proms2.jpg

5時45分くらいから並び始めましたがもらった整理券は257番。
人気の演目はもっと並ぶとのことでこの日は平日でもあるし比較的少なかったみたい。
スタッフによると演目にもよりますが大体700~900枚くらい当日券として用意されるようです。
6時くらいからチケットが売り出され、6時45分くらいには中に入ることが出来ました。
1時間ほどなら友達としゃべっているとあっという間。

proms1.jpg

これがアリーナから見た感じ

みな開演までは座ってたりしましたが一応開演時になるとスタッフに立つように促されます。
ま、始まってしまえば後ろの方であれば座っても大丈夫っぽい。

この日はBBCフィルと辻井伸行さんの演奏でしたが、本当に素晴らしかった!!
辻井伸行さんは2009年のヴァン・クライバーンのコンクールで優勝し一躍脚光を浴びた
全盲のピアニスト。ドキュメンタリー番組も見たことがあり前々から彼の演奏を聴いてみたいと
思っていたのです。

今回が彼にとってPromsデビュー。
演目はコンクールで優勝した時に演奏したラフマニノフのピアノ協奏曲第二番でした。
私は音楽については素人ですがそれでもその演奏の凄さが迫ってきます。
ちょうどカメラの後ろ側に陣取っていたのでモニターで辻井さんの運指も見ることが出来
その卓越ぶりには目を瞠るばかり。

途中で気づいたことですが彼は音譜が見れないんですよね。
ということは30分以上にわたる曲を全部暗譜しているということで。
初めに鍵盤に指を置く時には端から手のひらではかっているような光景も見られました。

演奏だけ聴いていると彼が全盲だということはまるで忘れてしまうのですが
目の見えない世界での彼にとっての音楽という存在を思うと常人には想像を絶するものでしょう。

演奏が終わると聴衆はみな拍手喝采!
そして足音まで踏みならして称賛の意を伝えてました。
あの音はきっと辻井さんにも伝わったはず!!
指揮者に手をひかれてアンコールに応えるため戻ってくる彼の顔はとても誇らしそうでした。

本当に良かった。こちらまで嬉しく、心が暖かくなる瞬間でした。



ワンクリック 2009+summer+006_convert_20091006123809.jpg うれしいワン

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
<< Little Venice で見かけた珍しい光景 // ホーム // 添い寝 >>

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。