・・・イタグレ iny とのきままな日々・・・
プロフィール

iny

Author:iny
iny(アイニー)
・・・イタリアングレーハウンド 2009.1.16生まれの女の子

最新記事
最新コメント
カテゴリ
welcome !!

検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たぶんここがワイト島の中でも一番有名な景勝地だと思われる。。。
The Needlesという白い岩が並んでいるところ。たぶん一直線に並んでいる
ところから上から見ると針に見えるということなのかな?

Alum Bayという場所にありますがここにはThe Needles Parkという場所
がありレストランやら子供向けのアトラクションやら土産物屋やらがある
ん?どこかで見た感じ?
あ そうか。コーンウォールを旅行した時のLands Endの雰囲気なんだ・・・
つまりビミョーな観光スポットというわけで(笑)あまり惹かれるものはなかったので
そこそこ家族連れで賑わっていましたがあっさりパスして逆の方向へ。

こちらにはNational TrustのNeedles Old Batteryがあります。
(駐車場はParkに隣接しているものを使うしかなくNational Trustの会員だろうと有料)
Parkの賑わいに比べると向かう人が少ないじゃん・・・と思っていたら
ほどなくして納得。
結構そこに到達するまで駐車場から距離があるのです。

201308Bankholiday 083

途中こんなに美しい景色は見られるんですけどね~
バスはあるにはあるけど本数は限られている感じ。歩くのが一番手っ取り早いけど15分くらい
かかったかな。

201308Bankholiday 084

やっと見えてきたThe Needles Old Batteryの入り口
New Batteryも近くにあります。Batteryとは電池のバッテリーと同じですが
「砲台」という意味もあり、ここはまさに戦時中に砲台として使われていたそう。
だからアクセスが悪いんでしょうね。きっと。

201308Bankholiday 087

当時の部屋を再現した展示があったりなかなか興味深い。

下へ伸びるかなり狭いらせん階段がありますがそこを降りるとこんなに細い通路が
ありそこの先に一番近くにThe Needlsを望むことが出来る小部屋があります。

201308Bankholiday 091

201308Bankholiday 089

単にきれいな景色があるだけだと思っていたけど戦時に深い縁がある場所。
当時ここで見張りをしてた人はどんな気分でこれを見てたのかなぁ。


ちなみにワイト島の情報誌にはリフトの写真とこのThe Needlesの写真が合成して
あってあたかもリフトに乗りながら近くでこのThe Needlesを見れるんだと錯覚
させられますが(まんまとひっかっかった私達 笑)実際にはリフトはParkの方にあって
かなり離れているのでまず無理でしょうね。。。



ワンクリック 2009+summer+006_convert_20091006123809.jpg うれしいワン

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
<< 2020 Tokyo Olympic // ホーム // Compton Bay@Isle of Wight >>

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。