・・・イタグレ iny とのきままな日々・・・
プロフィール

iny

Author:iny
iny(アイニー)
・・・イタリアングレーハウンド 2009.1.16生まれの女の子

最新記事
最新コメント
カテゴリ
welcome !!

検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナショナルトラストネタまだ続きます。。。

Emmetts Gardenから本当にすぐ近くにChartwellがあります。
http://www.nationaltrust.org.uk/chartwell/

ここはあのチャーチルが人生の後半を過ごした場所。
産まれたのはブレナム宮殿(まだ行ったことありません・・・)ですがこちらは
敷地は広いものの家自体はこじんまりとした印象を受けます。

20131030EmmettsGardenCharwell 043

家の中を見学出来ますが人気の場所ゆえ混雑緩和のため入口で時間を指定されます。
絵を描くのが趣味でもあったチャーチルが描いた絵、本人が望んで作った展示室には
なかなか洒落者であったチャーチルの折々の衣装などがあって面白い。
なんといっても歴史上重要な人物ですからね。歴史の知識のヒジョーに浅い私ですら
当時の写真などを見ると彼の周りで歴史が動いたんだな~と感心します。

20131030EmmettsGardenCharwell 031

広いお庭は自然がいっぱい。
絵だけでなく文筆でも才能があったチャーチルですが(ノーベル文学賞を受賞してるんですね!)
政治のストレスから離れるにはこうした場所が必要だったのでしょうか。

20131030EmmettsGardenCharwell 025

池のほとりにたたずむチャーチルと夫人のクレメンタインの像
ちなみに彼女はこの家は維持費がかかりすぎるからとあまり気に行ってなかったみたい。

お庭には何箇所か木に吊るされたブランコがありました

20131030EmmettsGardenCharwell 036

童心に帰って乗ってみましたが風をきって楽しかった~☆
チャーチルも乗ったのかな?まさかね。
彼はきっとこの池に浮かぶ小島の椅子に座って思索にふけったに違いない。

20131030EmmettsGardenCharwell 023

ここにはカジュアルなレストランも併設されてますがこうした場所の割には(失礼!)
結構美味しい。ナショナルトラストの中の食事部門で銀賞を受賞したらしいです。
わんこはお庭のみOK。軽く一回りするなら30分程度で済みますがもう少し足を延ばして
長い散策を楽しむことも出来ます。

20131030EmmettsGardenCharwell 045

華やかさはありませんが素朴で温かな雰囲気。
偉大な政治家のチャーチルですがここでは普通の人間として家庭生活を送ってたんですね。
キッチンガーデンには彼が手がけたレンガの壁も残っています。


ワンクリック 2009+summer+006_convert_20091006123809.jpg うれしいワン

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

スポンサーサイト
<< ATPファイナル // ホーム // Emmetts Garden(エメッツガーデン) >>

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。