・・・イタグレ iny とのきままな日々・・・
プロフィール

iny

Author:iny
iny(アイニー)
・・・イタリアングレーハウンド 2009.1.16生まれの女の子

最新記事
最新コメント
カテゴリ
welcome !!

検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Holborn駅の南側にLincorn's Inn Fieldsという大きな公園があります。
その公園の前にあるのがSir John Soan's Museum
http://www.soane.org/

サー・ジョン・ソーンという有名な建築家の家を解放したものですが外観と
中があまりにも印象が違うのにびっくり!

2013Nov30 002

見逃してしまいそうな入口だけどスタッフがいるので大丈夫。
カバンを入れるビニールバッグをここで渡されました。盗難防止のため??

中はまあなんというかいろんなものがところ狭しと陳列されていてこのジョン・ソーンさん
かなりのマニアックな収集家と見た。まるでびっくり箱。
必見なのは絵画の間。
さらっと見て出てしまうなかれ。係員さんの説明が始まるまで辛抱強く待ちましょう。
あっと驚く仕掛けが見られます。

地下は怖い系?のものが集められ、ほの暗い明りの中で見るとちょっとした
お化け屋敷の雰囲気。といってもデスマスクとか彫刻の手の部分とかなんですが。
レプリカでない分なんともいえない不気味な迫力があります。

ここに行ったのは平日の昼間だったのにも関わらず中はほの暗い。
2階部分は居住スペースだったようで光も入るし普通のおうちといった感じで
なんだかホッとしました。
毎月第一火曜にはキャンドルライトだけで見学するということもやっているようです。
(※HPのEvening Opening参照)
友達は行ったことあるのですがすごい人気で、入るのに長蛇の列が出来るんだと。
彼女は暗過ぎて何があるのかよく見えなかったと言ってましたが。

昼でもちょっと怖かったんだから夜ならなおさらだろうなぁ。
でもちょっと興味あったりして。もともとキャンドルだけの明かりって当時の暮らしの
ままだしね。いつか怖いもの好きの友達誘って行ってみよう。

2013Nov30 003



ワンクリック 2009+summer+006_convert_20091006123809.jpg うれしいワン

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
<< ロンドンの劇場の天井が落下 // ホーム // One Man, Two Guvnors >>

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。