・・・イタグレ iny とのきままな日々・・・
プロフィール

iny

Author:iny
iny(アイニー)
・・・イタリアングレーハウンド 2009.1.16生まれの女の子

最新記事
最新コメント
カテゴリ
welcome !!

検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんとロンドンでバードウォッチングが出来るのです。
テムズ川から少し行ったところにLondon Wetland Centreというところがあります。
家からだと車で20分くらいで行けてしまうハマースミスブリッジを渡ったすぐ先です。
http://www.wwt.org.uk/wetland-centres/london/

201406 001

バスでも行けます

201406 002

入り口前の池  誰の銅像だろう??

201406 006

入ると広大な敷地が目の前に広がります。
「ここってホントにロンドン?」って思うくらい自然が残っています。そして静か。
正直こんなところにバードサンクチュアリがあるなんて驚きです。

201406 003

201406 026

あちこちにこうした鳥の観察のためのhideと呼ばれる小屋があってここから
双眼鏡でじっくりバードウォッチング

201406 007

ここは双眼鏡がないと楽しめないかも。というか双眼鏡の威力を改めて
思い知りましたよ~。鳥の動きや羽の美しさが手に取るようにはっきり見えて感激!
(ちなみに有料レンタルあり)

ここの鳥は保護されているという思いがあるのか心なしかフレンドリー
「私をお撮り!(トリゆえに?笑)」とばかりにカメラ目線を投げてくるカワイコちゃんも☆

201406 011

なんとここ鳥だけでなくカワウソもいるのです。
カワウソは英語でOtter(オッター)。
「オッターおった~!」というオヤジギャグがついつい出てしまう。気をつけねば・・・

201406 017

餌付けの時間ではかわいい仕草を近くでたっぷり堪能できます

201406 016

実はバードウォッチングなるものは初めての経験でしたがただ鳥たちの仕草を
眺めているだけでもとても面白かったです。
図鑑なども用意されていて詳しく知りたい人いもぴったりだと思います。
行った時は5月下旬でまだよちよちヒナがいる頃。親鳥に一生懸命ついてまわる
愛らしい姿を見ていると本当に飽きないのでした。



ワンクリック 2009+summer+006_convert_20091006123809.jpg うれしいワン

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
<< 2014 Wimbledon // ホーム // イギリスの叙勲褒章~Garter Day2014 >>

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。