・・・イタグレ iny とのきままな日々・・・
プロフィール

iny

Author:iny
iny(アイニー)
・・・イタリアングレーハウンド 2009.1.16生まれの女の子

最新記事
最新コメント
カテゴリ
welcome !!

検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これまで最長の2週間というホリデーを南仏で過ごしてきました。
ロンドンから車で行ったのでアイニーも連れての旅行、いやぁ~楽しかった!!

記憶が薄れないうちに写真日記ということで旅行の思い出を記していきます。
・・・・・・長くなりそうだ。

まずはフランスへの往復の手段から。
2年前にも北フランスへ旅したことがありましたがその時はドーバー⇔カレーの
フェリー利用でした。フェリーは車から降りて(人間のみ)のんびり出来るという利点が
ありますが時間がかかります。
ということで今回はユーロトンネルを利用。
たったの35分で向こう岸に着いてしまうんですよ!

<イヌ連れ旅行について>
イヌをヨーロッパに旅行で連れていくにはペットパスポートが必要です。
もちろんマイクロチップが装着されていることは必須。
詳しくはユーロトンネルのサイトをチェックしてみてください。
http://www.eurotunnel.com/uk/tickets/travelling-with-your-pet/
ここにフランス語でも手続きについての案内があるので念のためこれをプリントアウトして
フランスの獣医さんに持って行きました。

イギリスに帰る24~120時間(5日)の間に抗テープワームのタブレットを獣医が
飲ませる必要がありますが、今回は私達はリヨンの獣医さんにお願いしました。
事前にメールで動物病院へ予約を入れておき、飲ませてもらった後は
ペットパスポートに獣医さんのサインと服用の時間を記入してもらいます。
ちなみに45.4ユーロでした。

ユーロトンネルを予約する時にペット同伴ということも一緒に伝えます。(オンライン予約)
すると当日予約番号を伝えてチェックインするともらえるタグにはこんなかわいい
足あとマークが。

201407南仏 002

ユーロトンネルはイヌ連れ旅行を推奨しているらしくイギリス側もフランス側もドッグラン
完備です。

201407南仏 005

往路のイギリス→フランス ではイヌについてのチェックは一切なし。
復路ではチェックインの前にペット専用の受付に行ってペットパスポートを確認してもらう
必要があります。
受付のやけに陽気なお姉さんにマイクロチップのバーコードリーダーをひょいっと渡され
「イヌにかざして~」と言われてその通りにするとアイニーのマイクロチップ番号が出てきました。
リーダーをそのままお姉さんに返してパスポートの番号と間違いがないか確認してもらい
テープワーム用のタブレット服用の記載をチェックしてもらっておしまい。

201407南仏 763

この四角い建物?が専用受付。とてもフレンドリーで堅苦しさはまったくなしです。
チェックが無事に済むとフランスでもこの足あとマーク付きのタグをもらいます。
これはシール式なので車のフロントガラスにペタリと。

201407南仏 764

人間の方の手続きと言えば車に乗ったままでいたって簡単です。
チェックインも往きは有人でしたがフランスからは機会に番号を入力する
自動チェックインを利用しました。
パスポートチェックも入国管理官に渡すだけ。スタンプもフランスから帰る時にしか
もらいませんでした。荷物のチェックも特になし。

チェックインの後 誘導されるまま進むと・・・

201407南仏 004

どでかい電車がどぉぉん!
ちょっとわくわくします。

バスも載せる車両は1階建ですが乗用車だけは2階建となっているみたいです。
往きはラッキーにもバス用の車両だったらしく広々してました。

201407南仏 012

乗る前はどんな風に駐車するんだろう?難しいのか??
とちょっと不安でしたがなんのことはない、そのまま進んで列ごと電車で運ぶイメージ。
各車両の間は車が収まるとシャッターで封鎖されます。
なぜかディズニーランドのスペースマウンテンを思い出してしまった。。。

電車にはトイレも完備です。まあでもほとんど車内で過ごすことを想定しているので
カフェも何もなく味気ないと言えば味気ないけどたったの35分ですもんね。
あっという間です。ちなみにイギリスとフランスは時差が1時間あるので到着後は
フランスでは時間が進み、イギリスに帰った時にはなんだか時間を得した気分~☆

ユーロトンネルを降りるとフランスとイギリスは走行車線が逆!
イギリスは左車線、イギリスは右車線です。
フェリーの時と違って特に注意喚起の表示も見当たらなかったようだけど注意が必要です。
また、フランスは高速は有料なので料金所では助手席の人(私!笑)が大活躍。

201407南仏 050

ラウンドアバウトも逆になるし、運転に慣れるまでちょっと怖いんですよね。
くれぐれも慎重に慎重に・・・。

次回から旅行の本編です。

ワンクリック 2009+summer+006_convert_20091006123809.jpg うれしいワン

にほんブログ村

にほんブログ村






スポンサーサイト
<< 南仏イヌ連れドライブ旅行(2)南へ下るぞ // ホーム // 見た目もオシャレなビール >>

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。