・・・イタグレ iny とのきままな日々・・・
プロフィール

iny

Author:iny
iny(アイニー)
・・・イタリアングレーハウンド 2009.1.16生まれの女の子

最新記事
最新コメント
カテゴリ
welcome !!

検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終日。
後は帰るのみ~!とはしなかった(笑)
ヴェルサイユ宮殿に行ったことがなかったのでついでに立ち寄りました。
おおっ。金ピカでまぶしいわっ。

201407南仏 736

でも今回はお庭のみ。
わんこも噴水のあるエリア以外なら連れて行ってOKです。しかも無料(駐車料金は€6)

201407南仏 748

ここって「名曲アルバム」に出てきたなぁ。

その前日夜にこれまた行ったことのなかったオルセー美術館にダンナ(とiny)を置いて
行ってきましたが、いやぁパリって都会ですね。人が多いわ。
館内のカフェで撮った一枚。時計盤の裏側がこうなってるだなんて面白い。

201407南仏 728


********************************************
以下つらつらと今回の旅行についてつづってみます。

<ホテル>
今回のこれまで最長の旅行。泊まったホテルのタイプも様々でした。
大きく分けると
◇リゾートホテル
Relais &Chateux(ルレ・エ・シャトー)http://www.relaischateaux.jp/
ここのサイトから探しましたが夏のこの時期はまあご立派なお値段・・・・。
というわけで貴重な一泊(笑)。こういうところでもわんこ可のホテルがあるのはありがたい。

◇チェーンホテル
カルカッソンヌでメルキュールにまたまたお世話になりました。
今までも泊まったことがあるからなんとなくどんな感じか想像つくのである意味
安心ですが面白みがないかな~とも思いつつ。でもこういう大手チェーンは
わりと立地の良い場所に構えているしリーズナブルでやはり利用価値高しです。

◇アパートスタイル
いつも宿を探す時には我らが旅の味方「Booking.com」で「ペット可」というフィルターを
かけて検索していますがこうした形式のに当たったのは初めて。

201407南仏 505

キッチンや、使わなかったけど洗濯機などもあり長期滞在に良さそうです。
2泊しましたが清潔で広々としているし近所にパン屋さんはあるので(フランスですから!)
朝食などにも困りませんでした。
部屋を使う前にオーナーから鍵を受け取り簡単な説明を受けてお金を前払い。
あとは帰る時に所定の場所に鍵を返すだけでそのオーナーに会うこともしない
という「え?こんなんでいいの?」というシステムでした。

◇シャンブル・ドット
今回の旅で一番多かったのがこのスタイルでした。
「いわゆるB&B・民宿」だとガイドブックには説明があったけど確かにペンションといった
感じでオーナーのこだわりが強いところが多かったかな。
4か所でこの形式でしたが泊まってみて「あ、これがいわゆるシャンブル・ドットなのね~」
と気づいた次第。Booking.comでは「ホテル」で検索したけど境界があいまいなんでしょうね。
プールがついているところもあってゴージャスではないけれど居心地の良い
お宿が多かったです。食事自慢も多そう。
実際朝食などは天気が良ければ外のテラス席で出してくれて景色も相まって
本当に美味しかった!南仏らしいお宿のスタイルだと思います。

201407南仏 187

iny 焼き立てパンにまっしぐら(笑)


◇変わりお宿
まあ名前に「Abbaye(修道院)」と入っていたので予想はしてましたが・・・。
(元?)修道院の部屋を宿泊施設として利用しているのですがここは事前に玄関の
コードナンバーなどの通知があり、行くと鍵が置いてあるスタイルでした。
いくつか部屋があるんですが、なんていうんだろ企業の保養所のような感覚で
「この部屋はいつからいつまで○○さんが宿泊」と記入してある帳簿が置いてあり
その横に鍵がある、というような。つまりチェックイン時には人とは会わずじまい。
最後に支払いをするんですが他人事ながら大丈夫なのかなぁと思ってしまいました。
修道院ゆえに「性善説」なんでしょうか??

<わんこ事情>
イギリスもわんこ天国ですがフランスもほんっとわんこに対して優しかったです。
なんてったって今回の2週間弱の旅行でinyを置いて食事に出かけたことがほぼ皆無に
等しかったんです。
ある宿などは夕食をとる時部屋にお留守番させてきたら「あれ?わんちゃんは?連れておいでよ。」
と言ってもらえ食事の間ずっとかわいがってもらいました。
レストランもあまり高級なところに行かなかったかもしれないけど(笑)ほとんどOK。
一応入る時に「犬連れなんですが・・・」と聞くんですが「あったり前じゃない!!」的な勢いで。
まあ、時期が夏でテラス席が多かったということもありますけどね。
本当にわんこに対しては温かい国だと思いました。
で。当然わんこものびのびと。

201407南仏 602

ルールマランで会ったこのコ。inyがお気に召した様子でずっとついて来ました。
飼い主さんが近くに見当たらなかったけどセルフお散歩していたみたい。
フランスで出会ったわんこはイギリスほど躾が厳しくないのか天真爛漫なコが多かったような。
見てて微笑ましかったです。

201407南仏 327

あるお宿でご一緒したイートン君。
フランス人のご家庭でしたが「あの」英国のイートン校にちなんでつけたんですって。

201407南仏 762

inyもこの旅行がとっても楽しかったみたいで車の中で寝ながら微笑んでる?


このドライブ旅行はイギリスはロンドンを出発して本当に良く走った!
ダンナの計算によると4000Km ほど走ったようです。(日本列島縦断出来る・・・・・)
愛車にもダンナにも感謝感謝です。
私もほんのちょっぴりだけ運転しましたがフランスって走行車線が反対とかの他に
意外と運転が荒くてびっくり。ウィンカーを出さない人が多くて緊張しました。

201407南仏 715

こういった一面のブドウ畑を見られたのもドライブ旅行ならでは。
とってもフランスらしい景色です。



旅行記どうにかこうにか8月中に終わらせられました。
写真日記を兼ねたブログですがもし読んで下さった方がいらしたら長々とありがとうございました☆


ワンクリック 2009+summer+006_convert_20091006123809.jpg うれしいワン

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
<< Kanada-yaと鏡の国のアリス // ホーム // 南仏イヌ連れドライブ旅行(15)アヴィニョンそしてリヨン >>

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。