・・・イタグレ iny とのきままな日々・・・
プロフィール

iny

Author:iny
iny(アイニー)
・・・イタリアングレーハウンド 2009.1.16生まれの女の子

最新記事
最新コメント
カテゴリ
welcome !!

検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月の話ですが2年越しの夢が叶いナローボートの旅をしてきました。
Narrow Boatとは字の通り細長いボートで鉄道が発達する前はイギリスの主要な
交通網として運河が張り巡らされていたのです。

お願いしたのは日系のフリーペーパーにもよく掲載されているブラウン・あつこさん。
http://www.narrowboatguide.co.uk/

かれこれ2年前に犬を連れて行ってもいいかという問い合わせをしていたものの
都合により行けないままでこの夏にようやく実現!
残念だったのは前には看板犬のプーク君がいたのに亡くなってしまっていたこと。
inyに会わせたかったなぁ。

自宅から車にで待ち合わせのパブに行くとあつこさんとアンディさんご夫妻が迎えに
来てくれそこから徒歩で運河に停泊しているボートへ向かいます。

見慣れない乗り物に思いっきりびびるiny

201408 013

今回の旅はinyも一緒の1泊2日のプラン。
2時間半ほどの距離を往復しますが折り返すところで停泊、近くのパブで夕食を取ります。
アンディさんの手ほどきでボートを操舵させてもらったりロック(水門)では開け閉めを
手伝ったりと初めて体験することばかりでのんびりゆったりのスピードながら
ワクワク感はかなりのものでした☆

201408 018

操舵席からの眺め。
アンディさん曰くナローボートの旅の良い所は景色を同じレベルで楽しめることだとか。
川ではなく人口の水路なので低い位置を進むのではなくアンディさんの言うように
周りの草原で牛や羊が草を食む光景を眺めることが出来ます。

写真じゃわかりにくいけどアクアダクトという水道橋を渡っています。

201408 021

ナローボートの幅しかないのでまるで平均台を渡っているようでスリル満点!

あつこさんからはボートやカナルについてのレクチャーをクイズ形式でしてもらったりと
とっても勉強になりました。
カナルには必ずTow Path(トゥ パス)という馬がボートを引いていた時代の名残の小道が
あるのですが、あちらこちらにある橋を越える時に馬とボートをつなぐロープをどうしていたか?

201408 019

物流としての水路でしたからいちいちロープを外していると時間のロス・・・ということで
橋にはこうした切れ目が入れられてロープを通せるようにしていたんですって!
な~ぁるほどぉぉぉ。

ボートの中は限られたスペースゆえにいろいろ工夫がされていて日本の昔の暮らしに
通じるものがあるかも。
使う時にだけベッドを出すとかソファのスペースをダイニングテーブルにするとか。
トイレはもちろんシャワーもあるしキッチンもついていてとても居心地の良い空間です。
朝は手作りの美味しい朝食をここでいただきました。

201408 039

あつこさんもアンディさんもとても気さくな方でイヌ話で盛り上がったりと楽しかったな。
このボートもご夫妻の手作りでそこかしこに愛情が注ぎ込まれているように思いました。

ボートに泊まって面白かったのは音が近くに感じられたこと。
夜、周りが静まって水鳥の鳴き声が壁越しにとても近くに聞こえたり雨音がボートの
屋根を打つのがとても大きかったり。
テントで泊まるのとはまた違うけれど自然の中に抱かれている感じになるのがまた
心地よかったです。

イギリスならではのナローボートの旅、いつかまた行きたいな。



ワンクリック 2009+summer+006_convert_20091006123809.jpg うれしいワン

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
<< ロンドンで見つけたラブリーなもの~タクシーダック // ホーム // 夏は去ったけどA Midsummer Night's Dream >>

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。