・・・イタグレ iny とのきままな日々・・・
プロフィール

iny

Author:iny
iny(アイニー)
・・・イタリアングレーハウンド 2009.1.16生まれの女の子

最新記事
最新コメント
カテゴリ
welcome !!

検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日Tate Britainで開催されているターナー展「Late Turner~Painting Set Free」
を観てきました。
http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-britain/exhibition/ey-exhibition-late-turner-painting-set-free

写真厳禁なので画像はありませんが彼独特の色使いが素晴らしく、そして
人気の画家のため時間入場制限があっても会場はとても混みあっていました。

個人的には人物が入る絵より半ば抽象的な風景画が好きです。
水面との曖昧な境界線の色が特に好き。

201410 009

夏だったかテムズ川で帆船のフェスティバルがあった時に撮った写真が
なんだか雰囲気が似ている気がしたけど・・・そうでもないか。

そして同じ場所でターナー賞「Turner Prize 2014」も開催されているので
両方分のチケットを同時に買うとずいぶん割安になることもあって観てきました。
(ターナー展単独→£15 ターナー賞混み→£16.3)

そもそもターナー賞の位置づけが「新しい芸術」に対する賞らしいんだけど
だからなのか私もダンナもさっぱり良さがわからず。
4人の受賞者がいるらしいけどほとんどがビデオを多用していて「・・・・・ふぅん」
って感じ。
なぜか「ひらけポンキッキ」とか「うごうごるーが」を連想してしまった作品も。
(↑観たらわかると思う・笑)

映像を映すためか会場内は暗くてそこに人が地べたに座ってたりするもんだから
(ヨーロッパの人はよく地面に座り込みます)後から入った人が気づかずに
つまづいて転んでしまったり。

とまあダンナと私の評価はいいものではなかったのですが同じように思っている人が
たくさんいることが判明(笑)。
なぜならば。
「ご自由に感想をお寄せ下さい」

10672039_704153819659297_8241988214451535709_n.jpg

と会場の外に自由にコメントを書いて貼れるようにボードがあったんですがまあ
酷評のオンパレード!
「金返せー」
「自分の方がまだいいものを作れる」

などなどネガティブなコメントばかりでちょっと笑ってしまいました。
日本でここまではっきりとしたキツイ意見のものは見たことがないかも。
たま~に優しいコメントがあると思って見ると明らかに子供の字だったり(笑)

インパクトが強いっていう点ではこれもある意味アートかもしれませんね。
これはお金を払わずに見られる場所にあるので(Tate Britain 常設展は無料です)
興味がある方はどうぞ~。




ワンクリック 2009+summer+006_convert_20091006123809.jpg うれしいワン

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
<< 赤に浮かぶロンドン塔 // ホーム // ロンドンで見つけたラブリーなもの~おなじみの?マグカップ >>

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。